ヒカルの碁 全巻

主人公の小学生、進藤ヒカルはある日祖父の家の倉庫で血のついた碁盤を見つける。不思議に思いその碁盤を触っているとどこからか声が聞こえてきて、その碁盤に宿っていた天才棋士・藤原佐為の霊にとりつかれてしまう。佐為は神の一手を極めるという夢を持っていてヒカルはいやいや付き合わされることになってしまう。囲碁の世界を全く知らないヒカルが足を踏み入れたとき同じ小学生の塔矢アキラと出会う。何もわからないまま手合わせをすることになり、佐為の言うとおりに囲碁を進めていき圧倒して勝利してしまう。しかし、塔矢アキラは現役最強と謳われている塔矢行洋の息子でかなりの実力者であった。ここから二人の奇妙なライバル関係が始まっていく。

 

普段は明るく天真爛漫な少年なのですが、一度物事に打ち込むととても集中力が強く見違えるように感じる瞬間があります。そういったギャップが魅力の一つです。また、物語の中で何年もの時が経過していきますが、その中でも少しずつ成長していく姿もヒカルの魅力的な部分だと思います。

 

私が一番魅力的なだとな感じるのは登場人物の個性の強さです。物語に関わってくる人物がみなさそれぞれの個性を持っていて頭の中から離れにくい印象を覚えました。これはありそうで中々ないことだと思います。一人一人が以後に対する考え方だったり生き方だったりが見えやすく読者に伝わりやすいように書かれているなと感じました。囲碁の漫画なので心理描写が多くなり、そこが上手であることがこのことに繋がってきているのかもしれません。

 

私がこの漫画をおすすめしたい人は囲碁を知らない人達です。というのもヒカルの碁は囲碁を知らない人でも楽しめるのがとても面白いところです。私自身も囲碁を知らない時期に読み始めましたし今でもしっかりと全てルールなどをはあくしているわけではありません。けれど、打っている本人達の姿勢だったり、それを周りで観戦する人達の思考などが上手く文面や絵に現れていてスポーツ漫画と同じような臨場感や雰囲気が伝わってきます。それも物語が進むにつれて重要な場面が当然出てきますのでそうなってくる頃にはもう夢中になっているのではないでしょうか。もちろん、囲碁のことを知っている人にもおすすめできる作品だと思います。実際に漫画の中で行われている対局は過去に実在するプロの棋士達が打ち合ったものを採用しているので詳しい方になるとまた違った楽しみ方ができることだと思います。

 

私のおすすめは、ヒカルが韓国の研究生の洪秀英(ホンスヨン)とであうい囲碁を打つシーンです。ヒカルの碁というタイトルにもあるようにヒカルの物語が大きく動き出すような予兆が詰め込まれている場面だと思います。見方を変えればただの一つのシーンとも取れますが全て読み終わった頃にはその大事さがわかると感じました。